最近情報

☆ 三木露風展開催  2007/11/10(土)〜2007/11/23(金) 三鷹市芸術文化センター地下1階展示室

三鷹で暮らした「赤とんぼ」の詩人 三木露風展が開催中です。遺族から寄贈された3000点近い遺品や原稿、ノート、書などから300点近くを厳選して、露風の三鷹での生活や創作活動を浮き彫りにするように企画されています。あわせて童謡「赤とんぼ」の推敲の過程や問題点、「赤とんぼ」が広く歌われるようになった経緯などについても解説し、関係資料を展示しています。
会場には稲村なおこさんが歌う童謡や、露風が昭和29年、NHKで放送した自作朗読などが流されています。

  


☆ 『三鷹で暮らした「赤とんぼ」の詩人 三木露風の歩み』発売中
   

 「誠」の詩人、三木露風(福嶋朝治) 
 『白き手の猟人の世界』─「恋の囀り」を読む(佐藤伸宏)
 一期一会の露風先生(長倉久子)
 赤とんぼの故郷─「追憶」の情景を追って(和田典子)
 増殖する「赤とんぼ」(福嶋朝治)
 三鷹牟礼で暮らした三木露風─年譜をめくりながら(品川洋子)
 復元紹介 未刊の三木露風自選詩集─遺稿(三鷹市所蔵)より
                            三木露風研究会編
 もう少し読もう─露風が書いた自然との共生
 福嶋朝治立案・品川洋子解説・相原悦夫/石澤いづみ調査協力
 
 付録 露風の散策路マップIN三鷹

 編集・発行 (財)三鷹市芸術文化振興財団
 発売     はる書房
 定価 1000円*税
 A5版 84ページ